ロゴ

少年事件が増え続けるワケ

全体的に少年事件は、年々減少傾向にあると言われています。2017年では戦後最少の犯罪件数となっているようです。にも関わらず、2015年の世論調査では全体の8割が「少年犯罪が増えている」と回答しています。実際の犯罪件数と世論調査には大きなギャップがあるのです。そのため、もし事件などで相談したいことがあるなら、法律のプロのもとへ行きましょう。特に慰謝料請求したい場合などは、複雑な法的手続きが必要となります。専門の知識や豊富な経験がなければ慰謝料請求は難しいので、必ず専門の弁護士に相談しましょう。弁護士にも得意不得意があるので、慰謝料請求が目的であれば高額な慰謝料請求に成功した実績のある弁護士に相談してください。

弁護士へ依頼する流れ

天秤

相談予約をする

弁護士へ依頼する際は、まず相談予約をします。電話かメールで予約できる事務所が多いようです。予約の日時だけでなく、相談内容を伝える場合もあります。分かりやすく話すために、前もって相談内容をまとめておくことが大切です。この時点で料金が発生することは少ないでしょう。

初回相談を行う

予約決定後、指定の日時に事務所へ向かいます。事務所では電話相談よりも詳細に、事件概要を聞くようです。法律相談や事件解決に向けたアドバイスにも対応します。弁護士に依頼する際の費用や、契約後の流れについての説明もあるでしょう。早めの対応が必要な事件であれば、すぐに契約を締結することも可能です。

委任契約を締結

依頼内容と弁護士費用の確認後、委任契約書を作成します。依頼内容と実際の事件内容が異なる場合は、別事件の契約になる可能性も。契約書にサインする前に内容をよく読み、間違いがないかどうかをよく確認することが大切です。着手金を無駄にしないためにも、契約書についての疑問点があれば、弁護士に伝えましょう。

着手金の支払い

委任契約に沿って、着手金や実費の依託金などを支払います。事案によっては必要のない場合もありますが、刑事事件では支払うことがほとんどです。過不足なく支払いを完了した後、正式な依頼が決定します。多くの事務所では、事件解決に向けた事務作業や進捗状況などを、適宜報告するようです。

少年事件を一刻も早く解決したいなら専門としている弁護士へ

男性たち

弁護士の必要性

被害者のいる事件では、弁護士の必要性は高まります。なぜなら、弁護士が被疑者に代わって示談交渉をしたり、逮捕後の釈放請求が行えるからです。また、弁護士は被疑者と接見できるようになっています。家族が面会できることもありますが、時間は限られているため、しっかりしたコミュニケーションが取りづらいです。弁護士であれば、警察官の立会いや時間制限がありません。

ジャッジガベル

法律相談で多い内容とは

事件のときにも頼りになる弁護士ですが、ここで受けられる法律相談は実は「不動産の相続」についての内容が多いです。遺言書や遺産分割協議のトラブルを避けるために、利用する人が少なくありません。次に多いのは「離婚・別居」です。離婚時に慰謝料を請求したい、という相談もあると言われています。「借金問題」も、相談する人が多いようです。多額の負債がある人へは、どのような法的措置を取れば良いかをアドバイスします。

新宿にある税理士事務所を厳選リサーチ♪

[PR]
少年事件を弁護士に相談してみよう
専門家が親身に対応してくれる

慰謝料請求したいなら注目♪

[PR]
医療ミスを弁護士に相談
対応実績豊富な事務所を厳選紹介

[PR]
弁護士事務所を大阪で利用しよう
事前に対応業務をcheck☆

[PR]
東京で好評な司法書士事務所
さまざまな業務内容を実施中

法律相談サービスを東京で実施中

[PR]
離婚トラブルを弁護士に相談
最良の解決策を実施してくれる